自分時間の過ごし方

2018/11/1(木)

繊細な押し花のしおりで、読書の秋をもっと楽しく

繊細な押し花のしおりで、読書の秋をもっと楽しく

子どもの頃、野原で摘んだ花や四つ葉のクローバーで押し花を作ったことはありませんか?その落ち着いた色合いや繊細さには、子どもだけでなく大人も魅了されます。

押し花のいちばん簡単な作り方は、ティッシュペーパーに包んで厚めの本に挟み、その上に重しを乗せておく方法。だいたい1~2週間で完成します。なるべく湿気を含まないように、晴れた日に作るのがポイント。植物に水滴がついている場合には、自然に蒸発するのを待ちます。

植物は、薄くて水分が少ないものを選ぶと失敗がありません。秋の花であれば、クリスマスローズやバラ、パンジー、ケイトウなどがおすすめ。ガーベラも美しく仕上がります。

特別な道具は必要ありませんが、乾燥した植物はとても脆くなるので、取り出すときにはピンセットがあると安心です。花の色をしっかり残したい場合は、水分を効率よく吸収してくれる「押し花シート」を使ってもいいでしょう。

完成した押し花をしおりなどに加工すれば、本を読むのがますます楽しくなりそうです。

※押し花シートとは
乾燥剤を染み込ませた用紙。「押し花乾燥シート」などの名称でも販売されています。