自分時間の過ごし方

2020/8/3(月)

ぐっすり眠りたいときは、アロマの力でリラックス

ぐっすり眠りたいときは、アロマの力でリラックス
質のいい睡眠をとるためには、心と身体を日中の活動モードから休むモードに切り替えることが大切です。アロマオイル(精油)は気持ちをリラックスさせたいときにぴったりなアイテム。湿気や暑さで重苦しくなりがちなこの時期にも、快適な気分にさせてくれます。

寝室に香りを取り入れるなら、精油を垂らして使うアロマランプやアロマストーンがおすすめ。火を使わないため、香りを楽しみながら眠りに就くことができます。強い香りはかえって目を冴えさせてしまうので、ほのかに香る程度を心がけましょう。
また、アロマバスでゆっくり身体をあたためるのも効果的です。天然塩に精油を混ぜるだけで簡単にできるので、ぜひ手作りしてみてください。

精神を落ち着かせる効果があるといわれているのは、ラベンダーやサンダルウッドの精油。さっぱりした香りが好みなら、柑橘系のオレンジスイートや、甘酸っぱいメイチャンをブレンドするのもおすすめです。大切なのは、自分がリラックスできる香りを選ぶこと。お気に入りを見つけて、ぐっすり深く眠りましょう。
アロマバスソルトの作り方
<材料>
・天然塩 40g
・お好みの精油 3~4滴

<作り方>
1. 小皿にバスソルトを入れ、中央をくぼませます。
2. くぼみに精油を垂らし、軽く混ぜて精油を塩全体に行き渡らせたら完成。
監修:大塚理恵
アロマコーディネーター。福岡県を中心に、化粧品をはじめとするアロマクラフトのワークショップを開催している。