レーヴ・ドゥ・ショコラ誕生秘話 vol.1

2018/01/15(月)

チョコレートの魅力を3つの層で引き出した「レーヴ・ドゥ・ショコラ」

レーヴ・ドゥ・ショコラ

「レーヴ・ドゥ・ショコラ」は、3つの層が味と食感のハーモニーを奏でる、新しいチョコレート・スイーツです。

一番下の層は、水飴やバター、カカオ豆を砕いた「カカオニブ」などを高温短時間で焼き上げたチュイル。
パリパリ、ザクッとした食感が特徴です。

真ん中の層は、チョコレートとミルク、それにナッツのペーストを合わせたクリーミーなジャンデュイヤ。
滑らかな舌触りのなかに、ヘーゼルナッツの香ばしさとマイルドなミルクの風味が溶け込んでいます。

そして、一番上の層がサブレ。バターや小麦粉などで作るサクサクおいしい焼き菓子ですが、レーヴ・ドゥ・ショコラではサトウキビのシロップを結晶化した「カソナード」とパウダー状の雪塩を加えました。ほのかな塩気が、カソナードの自然な甘みを引き立ててくれます。

3つの異なる味と食感を楽しみながら、チョコレートの新しい魅力を発見してください。