季節のくらしかたメモ

2021/12/1(水)

旬のゆずで作る、香り高い冬のジャム

旬のゆずで作る、香り高い冬のジャム
2021年の冬至は12月22日。一年でもっとも昼が短くなる日です。「冬至にはゆず湯に入ると風邪をひかない」といわれますが、みなさんご存知の通り、香り高いゆずは冬の料理にも大活躍します。
店主のお気に入りはゆずジャム。少し手はかかりますが、作っている間もずっといい香りが漂っていて、この季節ならではの幸せを感じます。

トーストやヨーグルトに乗せて味わうほか、お湯で溶かせばゆず茶にも。ゆず茶はみみずく洋菓子店のスイーツ「レーヴ・ドゥ・ショコラ」にもよく合うので、さわやかな香りが好きな方はぜひお試しください。
<材料>
・ゆず 250g
・砂糖 70g

<作り方>
1.ゆずはよく洗って皮をむく。皮はなるべく白いワタがつかないように薄く剥くと、苦味が出にくい。剥いたあとで、皮からワタを削ぎ落としてもOK。
2.1の皮を千切りにして、たっぷりのお湯で茹でこぼす。それを3回繰り返す。
3.ゆずの果肉を半分に切り、果汁を絞る。種は取り出してお茶パックに入れる。
4.なべに2、3、砂糖を入れて強火にかける。沸騰したら中火にし、焦げ付かないように木べらで混ぜながら10~15分煮詰めていく。
5.とろみがついてきたら種を取り出し、火からおろして完成。

※この商品は通年販売しております。
※こだわり製法のため、数量限定・毎日21時~24時の時間限定での販売となります。
※数量限定のため品切れの場合がございます。ご了承ください。