季節のおすすめスイーツ

2020/9/1(火)

秋の始まりのティータイムに、伝統的なマドレーヌを

秋の始まりのティータイムに、伝統的なマドレーヌを
少しずつ暑さがやわらぎ、吹く風の涼しさに秋の訪れを感じられるようになってきました。そろそろ、黄金色の焼き菓子が恋しくなる季節です。

焼き菓子のなかでもとくによく知られているのは、貝殻の形をしたその名もかわいらしいマドレーヌ。フランスのロレーヌ地方コメルシーという町で生まれたといわれるクラシックなお菓子で、日本でも昔から愛されています。

卵、小麦粉、バター、砂糖というシンプルな素材で作られているからこそ、その配合や焼き加減はパティシエの腕の見せどころです。作るお店によって味が違いますが、みみずく洋菓子店の店主はモロゾフ「ブロードランド」のマドレーヌがお気に入り。定番のカスタードプリンと同じ卵が使われているため、自然な甘みとコクが感じられます。生地をしっとりとさせているバターが、ふわりと香り立つのもたまりません。

日常のティータイムにも気取らず食べられる素朴さと、贅沢な気分になれるリッチな味わいを兼ね備えているのも、マドレーヌの魅力の奥深さではないでしょうか。

※この商品は8個入~24個入のサイズ展開がございます。