おとなのひとくちメモ

2020/7/1(水)

七夕のディナーには「そうめん」を

七夕のディナーには「そうめん」を
織姫と彦星が年に一度、天の川を渡って逢瀬を楽しむという七夕。ロマンティックなこの行事は、中国から伝えられた風習や日本古来の信仰などが結びつき、今のようなかたちになったといわれています。

七夕の食事といえば、そうめんです。意外に思う人もいるかもしれませんが、平安時代の宮中でも七夕に供されたという記録も。古代中国では七夕に魔除けとして「索餅(さくべい)」というお菓子が食べられており、これがそうめんの原型になったのだそうです。

気軽に食べられるのがそうめんの魅力ですが、七夕にいただくなら少しだけ盛り付けにこだわってみましょう。といっても方法は簡単で、乾麺の束の上のほうをタコ糸などで縛るだけ。あとは麺をよくほぐしながら茹で、冷水でしっかり冷やします。最後に結んである部分を切り落とし、指先で折りたたむようにして盛りつければ完成。少量ずつ指に巻きつけ、一口サイズにまとめても食べやすくなります。

食後にデザートも用意すれば、さらに特別感がアップ。夜空の恋人たちに思いを馳せながら、すてきな夜をお過ごしください。

※この商品は通年販売しております。
※こだわり製法のため、数量限定・毎日21時~24時の時間限定での販売となります。
※数量限定のため品切れの場合がございます。ご了承ください。