結果発表 アンケート結果1 アンケート結果2 アンケート結果3 アンケート結果4 アンケート結果5 スタッフの一言
日本のバレンタインデーは
モロゾフから始まりました

モロゾフの活動と日本でのバレンタインデーの広まりの歴史には、深い関係があります。
バレンタインはどのようにして始まったのか、モロゾフ創業時からの活動とともにご紹介いたします。

日本で初めてのバレンタインデー。
1932年、大切な人に“愛”を贈る
日本で初めてのバレンタインデー。
1931年、神戸トアロードのチョコレートショップからスタートしたモロゾフ。日本ではまだチョコレートそのものが珍しかった時代に、本物のおいしさにこだわった高級チョコレートを世に送り出しました。芸術品のようなボックスに眠る美しいチョコレートは、当時の人々にとって、ドレスや宝石といった贅沢品と同じように、心ときめくあこがれの存在でした。

翌1932年、モロゾフは日本で初めて“バレンタインデーにチョコレートを贈る”というスタイルを紹介。「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」という習慣を米国人の友人から聞き知った創業者が、この素晴らしい贈りもの文化を日本でも広めたいと考えたことがきっかけでした。
日本で初めて“バレンタインデーにチョコレートを贈る”というスタイルを紹介
ふたつの美しいバレンタインギフト

左)1935年2月13日ジャパンアドバタイザーに掲載したバレンタインチョコレート広告
右)戦前に発売されたファンシーチョコレート

チョコレートでできたハート型の容器にファンシーチョコレートを入れた「スイートハート」と、バスケットに花束のようなチョコレートを詰めた「ブーケダムール」。当時のカタログにも掲載されているこのふたつの美しいバレンタインギフトは、大切な人への想いを伝えるにふさわしい特別な贈りものとして、人々に夢とロマンを与えました。
それから、まもなく90年近く経とうとしている今も、
モロゾフは、贈る人、贈られる人の想いを大切にしたチョコレートで、
たくさんの愛を伝えつづけています。
モロゾフの活動と日本でのバレンタインデーの広まりの歴史