おとなのひとくちメモ

2018/11/1(木)

旬の野菜で作る、シンプルなポタージュスープ

旬の野菜で作る、シンプルなポタージュスープ

冬が近づいてくると、野菜は自分が凍ってしまわないように、水分を減らして糖分を蓄えるようになります。そうして甘みを増した旬の野菜は、クリーミーなポタージュスープにぴったり。肌寒い季節に、身も心もあたためてくれます。

作り方は、野菜を炒めて煮込み、なめらかにつぶしてから牛乳で伸ばすだけ。ニンジンやカブ、ゴボウ、キノコ類など、さまざまな食材で作ることができますが、なめらかな口当たりにするなら炭水化物を多く含む野菜が欠かせません。潰してもとろみのつきにくいニンジンなどの場合は、カボチャやジャガイモを一緒に煮込むとおいしく仕上がります。

今回は、作りやすいジャガイモのポタージュで基本をマスターしましょう。

<材料>
ジャガイモ 2個
タマネギ(大) 1/4個
牛乳 400ml
固形スープの素 1個
バター、塩、コショウ 適量

<作り方>
1. タマネギを薄くスライスする。ジャガイモは皮をむいてから、同じように薄くスライスする。
2. 鍋にバターを入れて弱火で溶かし、タマネギを炒める。透き通ってきたらジャガイモを入れて軽く炒め、水400mlと固形スープのもとを加えて蓋をする。そのまま、ジャガイモが煮崩れるくらいまで煮込む。
3. 2をミキサーで撹拌するか、目の細かいザルでこし、鍋に戻し入れる。
4. 鍋に牛乳を加えて弱火であたため、ふつふつしてきたら塩・コショウで味を整える。

<ポイント>
・暑い時期には冷たく冷やしてもおいしくいただけます。
・仕上げにパセリなどのグリーンをあしらうのもおすすめ。